株式会社ユアーズラボ > 株式会社ユアラボのスタッフブログ記事一覧 > 住宅性能

住宅性能

≪ 前へ|長期優良住宅の「仕様」と「認定」   記事一覧   住宅ローン控除 ~負担軽減~|次へ ≫
カテゴリ:スタッフブログ
最近の家づくりは昔より良くなってるから、どこで建ててもある程度は地震にも強いし、断熱性も高いんでしょ?と思われる方もいらっしゃいますが、実はそうでもありません。

確かに、以前に比べ性能が良くなったのは間違いありませんが、それでもピンからキリまであります。(要はお金です)
住宅の性能にはいくつか種類があります。皆さんが良く耳にする言葉で、「耐震性」「気密性」「断熱性」等がありますが、どこもあまりかわらないと思っているあなた、それは大きな間違いです。

良く営業トークで
「うちは夏は涼しく冬は暖かいので年中快適に過ごせます」
と言われることがありますが、それをそのまま信じてはいけません。これは「高気密・高断熱住宅」であることをアピールするときに使われる言葉ですが、ある一定の基準をクリアしていれば、「高気密・高断熱住宅」と言えますので、ギリギリ基準をクリアしている建物でも、その基準をはるかに上回る性能の建物でも
「うちは夏は涼しく冬は暖かいので年中快適に過ごせます」
という言葉を言われます。

ここで、基準をクリアしていれば、大体快適に過ごせるんでしょ?と思われるかもしれませんが、それが間違いなんです。国の定めている基準は、最低基準ですので、クリアしているからといって快適に過ごせるわけでなく、むしろ思った以上に夏は暑く、冬は寒く感じられることが多いと思います。(僕個人の体感ですが)。もちろん電気を多く使用すればそれなりに快適な空間を作ることはできますが、それを維持するにはかなりの光熱費をかけなければなりません。

住宅性能は、どれほどの性能があるかを判断することのできる等級や数値を持っています。それらを知ることで、ある程度の性能の違いを判断することができるようになっています。

例えば耐震性では「耐震等級」、断熱性では「Ua値」、気密性では「C値」があります。

この性能の話になると小難しいので、展示場で話を聞かれる方も、いい加減に聞かれることが多いです。ですが、先述の通り国の基準はあくまで最低ラインとなっており、その基準だと物足りないと思われ、独自の高い基準を採用している建築会社も少なくありません。

営業トークやお見積りだけで判断するのではなく、住宅性能の違いもしっかりと理解した上で建築会社を選ばれることをお勧め致します。



≪ 前へ|長期優良住宅の「仕様」と「認定」   記事一覧   住宅ローン控除 ~負担軽減~|次へ ≫

トップへ戻る