株式会社ユアーズラボ > 株式会社ユアラボのスタッフブログ記事一覧 > 第3者としての相談相手

第3者としての相談相手

≪ 前へ|住宅ローン相談会定期開催   記事一覧   忘年会|次へ ≫
カテゴリ:無料住宅相談
いつもユアーズラボ無料住宅差相談ブログをご覧いただきありがとうございます。

最近寒さにも磨きがかかり、そろそろももひきが必要になる時期になってきましたね。
この時期になると、住宅営業も年末の追い込みにかけて
「今ご契約いただくとサービスが・・・」
「年が明けると坪単価が上がり・・・」
などという言葉があちこちで聞こえるようになります。

住宅営業は、他社との差別化や自社のセールスポイントを伝えるために、色んな角度からあらゆる情報をお客様に説明してきます。

ここで問題なのが、その説明についてお客様が本当に理解・納得できているのかということです。
住宅営業は各社で同じ項目で違う説明をされることがあります。
例えば
A社:「うちは外断熱ですので、夏冬とても快適に過ごせます」
B社「うちは吹付の断熱材を使用してますので、夏冬とても快適に過ごせます

と別々の住宅会社で説明されたら、どちらを選ばれますか?
多くの方は、その時の感覚や営業の雰囲気で選ばれると思いますが、本当に悩まれる方でも、既に家を建てた知人に聞いてみたりインターネットで調べたりされると思います。

まず、ここで言っておきたいことは
「何千万円もする一生住む家を、自分の不確かな情報や出会って数回の人に託して大丈夫ですか?」
ということ。また、
一度家を建てたからと言ってその人は家づくりのプロでも専門家でもありません。
インターネットには確かに多くの情報がありますが、なかなか一人で全てを理解し情報整理するのは難しいですし、逆にありすぎる情報で混乱する方も多いです。

そんな方々に利用して頂きたいのが、ユアーズラボの
「無料住宅相談」
です。
各社営業の方は、お客様の契約をもらおうと必死で営業をしており、時には勢い余って非常に偏った説明をすることもあります。

お客様にとっては先ほどの例でお伝えした通り、どっちを信用したら良いのかと思われますが、弊社ユアーズラボは、どちらでお住まいを建てられても何の問題もありません。

ですから、どちらにも偏ることなく、ただ素直に一般的な情報や解釈で説明をさせて頂きます。

また、住宅にはお金の問題がつきものです。
当事者同士だと、営業がお客様を安心させるために
「補助金がありますから・・・」
「住宅ローン控除がありますから・・・」
「太陽光の売電収入で・・・」
など、少々都合の良さそうな言葉でお客様を安心させ、少し高めの予算で計画を進められることもあります。
このブログを読んで心当たりがある方もいらっしゃると思います。

少し前ならばそれを考慮できたかもしれませんが、今後はとても不透明です。更に、家は建ててからでも色んな費用がかかってきます。

建てられる家にもよりますが、お金の管理こそ色んな要素を踏まえて考えた方が良いと思いますので、

当事者だけでなく第3者を交える方が良いと思います。

実際に弊社にご相談に来られた方でも、営業から言われている予算から下げられた方が多いです。

弊社の無料住宅相談の目的は
「お住まいを建ててもらうこと」
ではなく、
建てられたお住まいで
「いつまでも幸せに暮らして頂くこと」
です。

その為に無料住宅相談を開設しておりますので、是非皆さんにご利用頂ければと思います。





≪ 前へ|住宅ローン相談会定期開催   記事一覧   忘年会|次へ ≫

トップへ戻る