株式会社ユアーズラボ > 株式会社ユアラボのスタッフブログ記事一覧 > 住宅をブランド品のように考える人

住宅をブランド品のように考える人

≪ 前へ|不動産取引に関連する税金~売却時に関わる税金   記事一覧   すまい給付金|次へ ≫
カテゴリ:スタッフブログ
いつもユアラボスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

少しづつ新型コロナが落ち着き始めているようで、人の動きも活発になってきているようですね。日常に戻るまではもう少し時間がかかるみたいですが、第2波に気を付けながら少しずつ当たり前の生活に戻れたらと思う今日この頃です。

さて今回は、以前から書こうと思っていました
「住宅をブランド品のように考える人」
にしてみます。


これどういうことかというと、家をどこで建てたか自慢したい人、周りの人に誇示したい人などのことです。

確かに住宅には有名な住宅会社で人気が高い住宅会社があります。金額が高い分、なかなか手が出せなかったり、購入をあきらめてしまう方がいたりするので、購入者は「そこで建てた」というだけで、周りから「すごいね」「いいなぁ」と言われたりするので、優越感に浸ることができるそうです。

ここで一つ言っておきたいことがあります。
「あなたはその一瞬の為にで何千万もの家を建てたんですか?」

そもそも家とは家族が生活をする場であり、また暮らしを守る安心・安全な場所でなければならないと思います。ただ優越感に浸りたいだけで、有名なメーカーで高いお金を出すのは少し違うと思います。

また自慢された方も、ただ単に有名なメーカーで建てたというだけではそんなにうらやましく思わないと思います。
家づくりでこだわったところや、生活がどれだけ良くなって、どれだけ幸せになったのか、ということを幸せそうに言われると、うらやましく思われるのではないかと思います。

悲しい事実として、せっかく新しい家を建てたのにわずか数年で家を出られる方がいます。たまたまかもしれませんが、そういう家の多くが結構有名なメーカーであるような気がします。

実際僕も大手HMにて勤務しておりましたが、売却されているのを何度も見かけたことがあります。

こういう人たまに見かけます。
ブランドの高そうな財布をもっているのに、中身が入ってない人。
時計はロレックスで服装はスウェットに健康サンダル。
これってブランドを身につける意味あります?周りも逆に心配しますよね?

家も同じです。

有名メーカーの高い家に住んでるのに、生活はカツカツ。

何のために家を建てたのかわからないですよね?

家づくりの基本として、まずは身の丈に合った家を建てること。人の目なんか気にする必要はありません。大体家を建てること自体がすごいことなんです。

是非自分の家族を中心に家づくりを行ってほしいと思います。





≪ 前へ|不動産取引に関連する税金~売却時に関わる税金   記事一覧   すまい給付金|次へ ≫

トップへ戻る