株式会社ユアーズラボ > 株式会社ユアラボのスタッフブログ記事一覧 > すまい給付金

すまい給付金

≪ 前へ|住宅をブランド品のように考える人   記事一覧   VR-南段原4号棟|次へ ≫
カテゴリ:無料住宅相談
いつもユアラボ無料住宅相談ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は「住まい給付金」についてお伝えしたいと思います。


住まい給付金とは、消費税の増税による住宅購入者の負担を軽減するために設けられた制度です。簡単に言えば消費税が上がった分、住宅購入者には少しお金をあげますよ~的な感じのやつです。

消費税が5%から8%に上がった時に創られた制度ですが、昨年8%から10%に引き上げられたことにより、給付金の額が上がり、更に給付要件の緩和により給付対象者も拡大されました。

以前は最大30万円でしたが現在は50万円となっています。

ただ、色々と要件がありますのでそれをクリアしないと給付金はもらえません。
主な要件(大前提)
・自分で居住するための住宅購入であること
・住民票により居住が確認できるもの。
・住宅の登記簿上の所有者(持分があればOK)
・消費税10%対象者は収入がおよそ775万円以下。(世帯収入でなく個人の収入)
住宅取得のためのローン10年以上の返済計画で金融機関から借入すること
(現金取得者の給付金もあります。)

以上が、対象者となります。
これに加え、建物にも要件があります。
【新築住宅】
①ローンあり
・床面積が50㎡以上
・第三者機関の検査を受けた住宅であること(住宅会社へ確認してください)
②ローン無(現金取得者)上記に加え更に
・年齢50歳以上
・フラット35Sの基準を満たす住宅
・収入がおよそ650万円以下

【中古住宅】
①ローンあり
・床面積50㎡以上
・現行の耐震基準をクリアした住宅
・第三者機関の検査を受け一定の品質があると確認された住宅
②ローン無上記に加え
・年齢50歳以上
・収入がおよそ650万円以下

となります。色々あるように見えますが、まず給付金が受けられる建物かどうかは住宅会社に聞けば教えてくれますので、自分で調べる必要はありません。

気にするところは住宅ローン10年以上とご自分の収入と住宅の持分ですね。
給付金は一人につき最大50万円の給付ではなく、一棟につき最大50万円の給付となります。なので、例えば奥様と1/2ずつ所有するとなれば、お二人ともに収入、ローンの要件をクリアしていれば25万円ずつ計50万円となります。

あとは申請についてですが、色々ご用意しなければなりません。面倒な方は住宅会社の営業に代理でやってもらえるか聞いてみてください。
代理ができなくても必要な書類関係はある程度揃えてもらえると思います。申請書にはチェックリストもありますので不備のないように申請を行ってください。
一応申請書のダウンロードができるリンクを貼り付けておきます。(申請書類のダウンロード



≪ 前へ|住宅をブランド品のように考える人   記事一覧   VR-南段原4号棟|次へ ≫

トップへ戻る